知らないと失敗する!ダイエットの基本

ダイエットを成功させるために最低でも知っておきたいこと、それは「ダイエットで減らすのは何か」ということと「ダイエットの方法」です。

ダイエットで減らしたいものは?と聞かれたら
「体重」と答えてしまう人は、失敗する道を進んでいるかもしれません。

ダイエットで減らすべきは脂肪です。本来は体重ではなく、「体脂肪率」を減らすことを目指さなくてはいけません。

カラダは、筋肉や骨、脂肪、内臓などで構成されています。体重はすべての重さです。

体脂肪率は、カラダを構成する要素の内、脂肪が占める割合を表します。

この割合が高いと肥満と診断されます。

体脂肪率の標準値は女性の場合、20〜30%で、体脂肪が30%以上を超えると軽度肥満といわれます。

体重が同じでも体脂肪率が高い人は、カラダの中の余分な脂肪が多い「肥満」となるのです。

筋肉をつけながら脂肪を落とした場合、体脂肪率は減少しても体重は変化がないということもあります。

しかし、それはダイエット失敗ではありません。筋肉量が増えたことで、太りにくいカラダになっているのです。

かといって、極端に体脂肪率が低ければ良いかというと、そうではありません。

体脂肪は、女性にとっては大切な組織です。標準値内を目指してダイエットしましょう。

ダイエットの方法といえば?

「食事制限・運動」 これは、間違いではありません。

摂取エネルギーを抑えて、消費エネルギーを増やせば、当然脂肪の蓄積を抑えることができます。

しかし、ダイエットに失敗する人は極端な食事制限を行い、長続きせずリバウンドを繰り返すことが多いようです。

また、運動すれば良いと思っている人もいますが、脂肪を減らすためには、脂肪燃焼に効果的な運動があります。

とにかくお腹が気になるから毎日腹筋!!と頑張ったところで、効果は思ったほど現れないのです。

バランスよく食事をして、適切な運動をすれば、ダイエットは必ず成功します。


<<戻る>>